ホーチミンを出発する事8時間
遂にカンボジア最大の都市プノンペンに到着
DSCN0474

DSCN0494
街は綺麗で、戦争・地震が無かったせいで古い建物もたくさん残っています
とりあえずガイドさん雇い、こんな車で迎えに来てもらった
DSCN0469
で、何はともあれ疲労困憊でホテルを探す。
ガイドさんが紹介してくれたのは20USD/日 ですが、
意外と綺麗でしょ!
DSCN0150
十分すぎますよ。ベットに南京虫がいなければどこでもいいんです。




食事も終わり5分も走るとすぐに風景が変わり
DSCN0116
山が無いカンボジア、、、確かに、、、、
DSCN0129
こんな感じ、、、、、、、、さ・び・し・い~
1時間走ると、唯一,主要国道で橋のない川(名称不明)をフェリー(?)で横断
DSCN0134

DSCN0136

DSCN0135
船上にで美しく歌を歌う、夕日に輝く寂しげな少女、、
このままでもミュージカル風なのに
DSCN0140
良く見ると
DSCN0139
image
両手が無い!(驚!)  この子の将来はどうなるのだ?
知人で 地雷による子供被害者を引き取っている施設 を運営している方が、
地雷除去はほぼ完了していて、
地雷による被害者の多くは現在18歳を超えている っと言ってたので、
どう見ても小学生に見える彼女は事故か? 
いずれにしても気の毒なのである。
私はいずれ恵まれていない子供たちのための施設を作りたいと
本気で思った瞬間です




海外といえば私の場合必要なものが、
絶対→パスポート・カード・航空券・現金・携帯
普通→薬・ガイドブック・パソコン
どちらでもよい→着替え
着替えなんてどうでもいいんです。4~5日着替えなくたって
現地人よりは良い匂いですから~
さて、入国するとすぐに休憩
DSCN0114
こんなレストランで作る
DSCN0113
こんな飯を
DSCN0112
このアンコールビールで腹に詰め込む。
米は不味いが料理はしっかり加熱されていて以外に美味しい。
いつも思うが現地で飲む現地のビールはウ・マ・イ!
カンボジアの方はかなり衛生に対しての概念が強いと感じました。
トイレは掃除してあり、食器類も箸なんかお湯につかって出てくる
気を付けていれば下痢することはあまりないと思います



↑このページのトップヘ